気持ちの切り替わる区間があるように

dog run

自分の中でなんとなく決めていることがある。SNS上になるべく仕事の愚痴は書かない、冗談っぽくでも自分のことを卑下した事は言わない、等。それをするべきではないと言いたいわけじゃなく、自分はそれをなるべくしないということ、一応。

美学といえば大げさになるけど、自分なりの考えがあって、自分なりの行動原理がある。でももしかしたら、そういうことで人からは傲慢に見えることがあるかもしれない。

やりたくない事はどうしても出来ない。納得いかない事は続けることが出来ない。

自分を良く見せようとしたり、低く見せようとしたりする行為が苦手だ。もちろん処世術としてそういうことがあるというのは知っているけど、僕には出来そうにない。

昔、数ヶ月だけ入った職場で、あるゴタゴタで揉めた時に、上の人から「ストレートなのはいいけど、それは諸刃の剣にもなるぞ」と言われたことがある。

そういうことを言われても、僕は自分を変える気はなかった。自分が絶対正しいとも思わなかったが、間違っているとも思わなかった。

そういうことを言われたからというわけではないが、結局僕はその人をあまり好きにはなれなかった。

でも、自分に出来ない事は出来ないからしょうがないじゃんと、すぐに開き直れたわけじゃなく、長年自分のそういう不器用で曲げられない部分に悩んできた。そしていろいろ本を読んだり、考えたりしてきた。

今となっては、そういう自分で良かったんだと思える。僕はまったく要領良く生きることができないし、たくさん悩んだけれど、自分を曲げないで良かったと思えるようになった。

いろいろ難しく考えていても、本当に必要なものは足元に転がっている。物事の良い部分と悪い部分は表裏一体で、悩みの裏側には答えがあることが多い。

気持ちの角度を変えてみると、さっきまで曇っていた心が急に晴れたりする事はないだろうか。

電車で通勤している頃にたまに経験したけど、電車に乗って景色を眺めていると、まるで気持ちの切り替わる区間があるように、さっと気持ちが晴れる瞬間がある。

上手く生きられるということと、自分自身が充実して生きる事は、必ずしも一致していない。でも上手く生きれないと、人生は充実はしづらい。

でもそこは、どっちかを選ぶというものではないような気が最近はしている。二つの価値観が対立するわけじゃなくて、どこか見落としているものがあるからこそ、どっちかしか道が無いように見えてしまうことがある。

対立しているように見えるものの中に、矛盾に見える中にまた別の道がある、と思うと目の前が開けるような気がしないだろうか。

言葉と感じ方

shower

最近の状況では仕方ない部分もあるとは思うけれど、攻撃的な物言いを目にする機会が多くなったように思う。

でも最近思うのは、言葉は不完全なものだから意味の取り違えですれ違うのは仕方がないとしても、「人間だから、すれ違うこともある」ということを意識していないと、無意味な争いも増えていくような気がする、ということだ。

例えば、「餅はのどにつっかえることがあるから、気をつけて食べないといけない」と誰かが言った時に、「餅を食うなと言うのか!」とか、「餅をバカにするなんて!」みたいな反応も結構あると思うから。

みんながみんな互いに理解できなくてもいいとは思うけど、少しでも相手を理解しようとする気持ちがないと、誰もが言いっ放しみたいになっていくような恐怖を時々感じる。

人はトラウマのある部分の言葉には反応しやすいものだ。そういうことを意識すると、反応してしまった後でも自分の弱点を知ることが出来るし、後の生活に生かしやすいように思う。反応してはいけないとか、怒ってはいけないということではなく、その感情が自分に対して及ぼす影響を知っておいたほうが何かといいんじゃないかな、ということだ。

時には怒りも必要だと思う。でも、怒っている自分は怒っていない自分のことも考えた方がいいと思う。というのは、僕は気が短いので自分に言い聞かせている部分でもある。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉があるけど、おのれを知るということは難しいものだ。鏡に映った自分を見てもそれは鏡に映った自分なので、外面的な自分というものも自分では直接は見ることはできない。

内面的なものだって、確固とした「自分」というものは存在しない。自分の「傾向」はあると思うけど、それだって常に変化して動いている。

だから経験と関係性で推し量っていくしかないわけだけど、それを妨害するのもまた感情である。だから、その自分の感情から自分を推し量っていくしかない。自分の敵は自分というのも、自分の事は見えなくなりがちだということが関係している思う。

僕は心理の専門家ではないので詳しいことはわからないけど、自分の実感としてはそんな感じになる。

最近とくに、「自分」というものについてばかり書いている気がするけど、まあ仕方ない。僕は内面的なことからしか物事を考えられないたちだ。

自分自身と内面について考えることは、ある意味では宇宙全体を考えることと同じだと思っている。そんな風に考えてみると、こんな面倒くさい考え方もきっと無駄ではないんじゃないかな。

日々アドリブ

tree and bird

ブログは1日の終わりに書くことが多い。少しずつ何日かに分けて書く時もあるし、一気に書き上げる時もある。最近はわりと一気に書く。

テーマをあらかじめ決めて書くのが良いかとも思ったけど、僕の場合は自然と書きながら、ゆるやかなテーマが決まっていくのが良いかと、いつからか思い始めた。文章が自分でも思いもよらない方向に向かって面白いかもしれない。カッチリはしたくない。

頭の中に漠然としたものが渦巻いている状態で、フィーリングに乗っていけば自然と頭の中が整理されていく感覚がある。もう一人の自分が、そうかお前はこういうことを考えていたのか、と言うことがある。

何事も頭で考えすぎると、勢いがなくなってつまらなくなる。計画に沿って進みすぎると「今」がなくなる。もちろん、計画が大事なものごとはあるけど、表現に関しては隅から隅まで完璧に考えられたものより、多少ほころびがあっても隙間がある方が面白いと思う。そして「今」この瞬間を封じ込めたものには生命がある。絵にしろ、音楽にしろ、文章しろ。

この間BSで(そんなにたくさん見ないけど、最近見るテレビは大体BS)、「欽ちゃんのアドリブで笑」という、欽ちゃんがアドリブでコントを指導する番組を見たけど、これが結構面白かった(草彅剛を見たかったというのも多少あった)。欽ちゃんてすごい人だなとも改めて思った。

アドリブはまさに「今」この瞬間を作り出して表現することだから、面白いのかもしれない。きっちり台本があるものだって、細かな瞬間のアドリブというか、「今」の瞬間を作れる人の演技には生命が宿るような気がする。

アドリブって言っても、ただ自分勝手にやればいいというわけではなく、その時その時の流れを感じ取って、それを表さないといけない。「流れ」というのがとても大事なような気がする。

もしかしたら、自分を出すということ自体、その中ではどうでもいいことなのかもしれない。「今」この瞬間を出せば、おのずと自分の表現が浮かび上がってくるのだから。

最近はあらゆる所で、確証のある説明的でカッチリしたことしか出来なくなっていることが、世の中を面白くなくしていると思う。アドリブが入る隙間がなくなっている。

昔はあったような暗示的で不可思議な表現も少なくなっているのは、頭と心の関係が切れてしまって、深い所から表現を掘り起こせなくなっているからかもしれない。作る方も、観る方も。

人間は頭で論理的に考えられるからこそ、生き物にとっては当たり前な「今」がおろそかになってしまう変な生き物だ。瞑想などで「今」を感じるように訓練するくらいだ。

逆に言えば、人は頭で考えることはやめられないんだから「今」を感じる訓練をして、日々アドリブの要素をどんとん取り入れていけば、より良く生きられるんじゃないかと思ったりするんだだけど、どうだろう。